スポンサーリンク

不眠症。つらいつらい不眠症。もちろん通院はしているのですが、体調によっては全く効かない時があります。この時期は台風も多く、季節の変わり目で、日光に当たりたくても当れない日が続き、おまけに引きこもって仕事をしているおかげで、買い物くらいしか外に出ない。

まるでお薬が効かないという前提のようで、春まで非常につらい日々が続きます。

眠りにつく時間の30分くらい前に、お風呂に入ってぬるめのお風呂で身体を温めたり、気分転換をすると、まあまあマシに眠りやすくなる、というのは本当のことです。ここに私が秋口から冬にかけて、ちょくちょく温泉やスーパー銭湯、銭湯に通うのも、そういう理由があるのです。

ステキな入浴剤、というのは得てして少しお高いもの。普段からブランドのバスボム使って、今日の疲れもリフレッシュとか言っているような、天の上にいるようなOLさんの意見は少し傍に置いておきます。

不眠症がかかってんだよ!(逆ギレる)

私としては手に入りやすく(通販を多用しない)近所のドラッグストアにガシガシ売っていて、なおかつ銭湯に通うくらいなら、少し安い程度の金額が大変望ましいわけです。

入浴剤ジプシーとして、散々色々な入浴剤を試してきました。たぶん、100は余裕に超えてしまったと思う。差し入れで頂いたカレーの湯にも入ったし、餃子の湯にも浸かったことがある。あれは不眠症どうこうよりも、前脚と後ろ脚から出汁が出ている気分にしかならず、入っている最中はずっと「あんなに笑顔でくれたけど、本当は私のこと嫌いなのかな……。うう、餃子の匂いがするよう…」という気持ちでいっぱいでした。嫌われてないと思いたい。

最近は、バブのメディキュアと、バブのエピュールを使うようにしています。もう少し安くなればいいんだけどね。これを少し温めのお湯に溶かし、炭酸ガスが出切った頃合いにどぶどぶと浸かっていくわけです。

私の場合は交感神経と副交感神経のスイッチが上手くいかないことが多いので、気分切り替えや、気分和らげ系の香りを選んでいます。もちろん部屋のスイッチも主要部分は全て取り替えてまして、寝る前にはオレンジ色のボンヤリした色のナイトモードに切り替えることもできます。

そこまでして、そこまでしても不眠症が治らない。上手いこと眠れない。自分では、その原因もよくわかっているのです。

わぁい、ゲームたのしー!

寝る1時間前には布団に入り、モーツァルトの一つや二つ、聞いておかねばならないのに、私と来たらゲームやってるんだから、交感神経とか副交感神経とか言っている場合でもないのですよ。全ては私が悪かった。

エピュールは音楽でも聴きながら、目をつぶって、しっとり入っていると、体の隅々までポカポカしてきて、私の中では眠りやすい類の入浴剤だと言えます。肩や腰も楽になるしね。塩系の入浴剤もいいのだけれど、汗かきたいというより「とにかく寝たい」という気持ちで浸かっているので、その辺どうかわかっていただきたい。

コレは…! という入浴剤があれば、ツイッターでもメールでも教えてください。喜んで使用レビュー書かせていただきたいと思います。

どんとこい!

スポンサーリンク
おすすめの記事