スポンサーリンク

嬉しがりなので機種変更したヨロコビをポストします。わたびきです。

今まで使っていたのはiPhone6s。かれこれ4年前の機種みたいです。多少モッサリすることはあれど、放置ゲー以外のスマホゲーを嗜んでいない私にとっては「いいんじゃね?」で済むような感じだったのですが、噂によるとiPhoneは5年サイクルでOSのサポートを辞めてしまう、らしく。知らんけど。聞いた話だから責任持たんけど、そうらしく。

ホームボタンが使えなくなってしまうのは残念だし、Androidという選択肢が無かったわけではないのだけれど、AndroidとiPhone2台持ちのマネージャーが言うには「移行が大変やでぇ…」らしく。実際調べてみたら、UQmobile使いの私が裸足でドコモショップに駆け込みたくなるほどの難しさ、煩わしさでグイグイ迫ってくる上に、仕事のやり取りがほとんどiMessageというね。

このiMessageというのは、Apple独自規格のメッセージツールなのだけれど、iPhoneだけではなくグループ内の人のMacにもリアルタイムで届きます。ちょいと使い勝手の良いLINEみたいなもの。Macで作業しているので、見逃しが無く重宝してます。

FaceTimeを使えば、パケットは喰うものの通話料はかかりません。Wi-Fiの環境下においては、もはや電話。スカイプのようにぷちぷちすることも…そんなにない気がする。

メモも共有することもあったり…で、色んな場面でiPhoneとMacに世話になりっぱなしです。そもそもiPhoneのメモは自分のMacには外部ツール使わなくとも、バリバリ共有されるわけで。

私は機械音痴で、簡単だからという理由でMacを選びました。仕事周りもそんな人が多く、Windowsが使えないわけでは無いのだけれど、どうしてもMacなんだぜ、別に信者じゃないけど、仕方ないねん、というかiPhoneやMacBook高いんなんとかならんのか!

……と、いう感じで、もはや否応なくiPhoneからiPhoneへの以降となりました。iTunesのバックアップは便利な……。それは思うわ。LINEのログも消えなかったし、メールもボイスメモもなにもかもそのままだった。仕事でボイスメモも使うので、これも飛んだら困る、というのもありけり。

さて。

今まで使っていたiPhone6sはどうしようかなと思っていたのですが、友人に「一度初期状態に戻して、iPod touchみたいな使い方したらええんちゃいますか」とアドバイスをいただきました。そうか、その手があった。

音楽端末として聴くのなら全然問題ないのです。イヤホンジャックもついてるし、なんら問題ありません。Wi-Fiに繋いだら、AppleのミュージックやSpotifyもヌメヌメに動いてくれます。なんの問題があろうか。

ありがとう、友よ!

……というところで、いま気づいたのですが、私が譲り受けたこのiPhoneXの容量は256GBでした。何を入れるねん、ってほど容量ありますので、こっちに音楽や映画やKindleの本を入れるしか……クッ、自分の貧乏性がこんなところで…!

ところで何故、iPhone11にしなかったのかというと、Appleさんの推していたところがカメラしかなかったからです。カメラ!カメラ!カメラ!フリッパーズギターかよ。そんなにスマホでガシガシ撮らないよ。

撮ったところで、Googleフォトと連携すると、撮った写真をヌルヌルとクラウドに上げてくれるので、さらに容量は節約されていきます。

私のiPhoneXが活用されるときは来るのでしょうか。乞うご期待。あ、このブログはiPhoneから更新しています。寝る前に一つ投稿。日々のつらつら独り言。

Androidを使いこなせている人が正直羨ましいです。いいなあ。iPhoneは廉価版が欲しいね。カメラそこそこ、容量そこそこ、CPUそこそこ、お値段4万から5万円程度のね。私、それがいいな。

スポンサーリンク
おすすめの記事