スポンサーリンク

今日は本当になんでもない1日でした。

朝起きてやったことといえば、肌掛け布団を洗って乾かした。

最近手荒れが気になっていたので、ドラッグストアに行って、クサいけど効くハンドクリームを買い、我が家のねこに「くっさ!手くっさ!何塗ったらそうなるの、くっさ!ありえねぇ!超ウケるー。くっさ!(嗅ぎ直し)」と言われ。いや、絶対そういう顔してたもの。

スーパーで見かけた「消臭機能成分『特濃』」と謳われた柔軟剤の新製品が気になった。試したい洗剤や柔軟剤がモリモリ出てくるーよー。特濃なんて、エロかエロかエロか、御婦人方の乳液か、牛乳くらいしかお目にかかれないフレーズでないの。気になるわー。特濃。

あとは親子丼を作って食べた。簡単で良いよね。個人的にはファーストフードと呼んでいいと思うんだ、お手軽、簡単、旨い。強いて言うなら、鶏肉を火が通りやすいよう細かく切るのがメンドイ。

そして、意外と難しい病院シミュレーションゲームを触っては「これ全部一人でやんのか! ひゃっふー、無理難題やーん」と逃げ出すようにFF14を。装備をこちょこちょ作ったり、荷物整理に明け暮れ。

いまは、こないだAmazonのタイムセールでゲットしたBluetoothのイヤホンの試し聴きを兼ねて、布団の中でSeptemberを聴きながら、これを書いている次第。イヤホンはご機嫌なナンバー、Septemberを流しているというのに、何故だろう、ほのかに気だるい。

でもでも、Septemberを聴いてられるのもあと数日だよ! 聴いていない人は聴くんだ! 聴くなら夜のベランダがいい。缶チューハイ片手でも、なんならタバコでもいいかもしれない。ほのかに揺蕩う風が頬を撫でて過ぎ去っていくだろう。その気だるさがいいんだよー。

どうだい? ビックリするくらい何もない一日だと思うし、そりゃもう幸せさ。

洗って干したばかりの肌掛け布団。洗って敷き直したばかりのベッドカバー。そこに寝転んで、Septemberだけじゃなくて、いまは古い古いジャネットジャクソンの曲を聴いている。もう少し寒くなってきたら、STINGでもいいと思ってるし、気が向くままにいろいろな曲を聴くのもいいな。

そういう、どうでもよさげなちっこい幸せをジェンガのように積み重ねて、ゆらゆらとした中で生きている気分。

旅に出るなら、定宿になりつつある山形の温泉宿か、マレーシアか、台湾に行きたい。美味しいご飯に出会いに行きたい。

すぐにはいけないから、入浴剤やシャンプーやボディソープなんかで少し贅沢した気になって。といっても、デオコで身体は洗うし、髪の毛はマシェリで洗う。そんなに贅沢してない。

今の私は、人に恵まれていると思うんだ。

10年前、20年前の自分を振り返ってみたけれど、決して恵まれた環境とは言い難かったもの。そして、それが当たり前のようですごく質の高い当たり前の幸せを構築出来るか否かの境目だった気がする。

人に恵まれたと思うなら、その人たちを大切にしないとね。積み重なる幸せのジェンガ。崩さないように、付かず離れずゆるいゆるい位置で。天気だって一役買って、降るのか降らないのかよくもわからないけど、ゆるりと晴れて。

今日は本当に何もない日だったよ。

次は、最近ニュースで見て、少しばかり心を痛めたりした、いじめ問題について語るかもしれない語らないかもしれない。かといって、不幸自慢をしたいわけじゃない。

生きるのしんどいとき、私はどうやって生きていこうとしたんだろう? とか、たぶんそういう話さ。それじゃ、またね。

ちがう話かもしれないよ?

スポンサーリンク
おすすめの記事