スポンサーリンク

現在オフトゥンの中にて就寝前真っ盛り。IQ5並の脳をしているので、タイトルを意味なく漢字にしたかったのですが、今後ギャザクラでどう遊ぼうかなーってことを備忘録的に書くだけのエントリーです。

為になる先人たちの日記

遠い過去に資源の取り合いになった紛争地域の情報は大変に為になります。序盤で競争激しいのはこの辺でしょうか。

  • ダイアマイトウェブ
  • アルドゴートの角
  • ギガントードの粗皮
  • ボアレザーの粗皮
  • いま現在、ギャザクラはカンストしておりまして、侍は70。サブ職の黒が33となにやらいい感じに素材集めが出来そうな雰囲気です。
  • そこにギャザクラ装備が絡んでくる素材だったりすると、倍率ドンでさらに美味しい。ギャザクラ装備をIL低い装備で頑張って作る層は、もう大体はカンストしているので、あとは初心者さんや、セカンドキャラ向け、もしくは止むに止まれぬ事情で上げている人などなどでしょう。
  • そして素材。集める人が少なくなっただけであって、需要はモリモリあるわけでございまして…。私は1日に1本、5万や16万の武器が売れたからといって、そう喜びを感じないタチでございます。16万なら16万のメンドくささがそこにあるわけで、たかだか3割乗せ程度の金額なら、買ったほうが安い。
  • DQ10からの移民的発想……!

  • そこで、カネトルティアからやってきた私は薄利多売方式に切り替えるのです。ちんたら売れるのは待たない。マーケットで品薄な商品にいくつか目星をつけておいて、ボッタではなく「しゃーない金額」で売りつけるのです。カネトルティアの黄金基本戦略がここに活きる……! ここで一日20万ないし、最低でも15万を売ろうと考えた時に除外するべき項目が個人的に存在します。 見た目商材には敢えて手を出さない DQ10のマーケット市場でもそうなのですが、見た目装備職人ってのは複数人存在していて、流行りや季節やアプデに合わせて、色々あの手この手で人気の見た目装備(定番を含む)を作ってくるのですが、見た目なのでよほどの素材を使わない限り値崩れしだすと半端ない or なかなか売れない ので、私は手を出しません。 DQ10でいうところの21装備や42装備がマテリア化もしやすく、かつそれなりの期間お世話になり、その割にFF14では品薄な商品もありますので、そういう装備品を狙っていってます。 二日以上売れなければ一度下げて枯渇させたりするのも、もはや常習になりつつ。ひーはー、DQ10式マケボ巡りや素材集めが楽しいぜ! そもそも三時間粘ることはよくあることだし、皮はまだアルメンでどうにか出来るからね。余裕余裕。

    リテイナーには次の素材を取ってきてもらう

    ワイバーンの祖皮辺りになると、茶葉が必要だから旨味がグッと減ってしまいます。かといって、安値で売られているワイバーンの皮に飛びつくのであれば、低レベルの商材をぐるぐる回している方が都合がいいわけです……が、商材の引き出しは多い方がいい。しかしぼちぼち、HQ品の装備がクエスト品でも並ぶ頃合いだから、無理して飛び込むと痛い目に遇うのは必至……! そんなわけで

    • フリース
    • 不織布
  • この辺りを狙って、今から仕込んでおきたいと思います。正直、不織布に関してはダイアマイトウェブ関連より履けが悪く、優れた商材とは言えませんが、それでもギャザクラ関連品は売れますし、たまに戦闘職用も売れます。レベルがそんなに高いものではないので、リテイナーにとってきてもらったものを一時間に一品更新で追加してとくことくらいは、よいかなぁと。
  • ただいま、150本のアルドゴートの角がありますので、杖と黒にかわに錬成していきます。 うひひひ、小銭大好きなのでありますよ!

    スポンサーリンク
    おすすめの記事